西三河 Gスポット

時事ネタや地域ネタ、生活の中で感じた事などを書いています。

スポンサードリンク

夏の甲子園 2015 速報 ベスト8進出高校は?

第97回 全国高校野球選手権大会

夏の甲子園も益々盛り上がってきましたね(^^)

今日は、ベスト8進出をかけて3回戦が4試合ありました。

試合結果は、

第一試合
東海大甲府-早稲田実業
4-8

第二試合
鶴岡東-花咲徳栄
0-1

第三試合
遊学館-東海大相模
2-11

第四試合
作新学院-九州国際大付
0-2


と、なりました。


第一試合では、夏の甲子園で一番の注目選手となっている早実 清宮選手のホームランもありました。
早稲田実が2本塁打を含む16安打で勝ちベスト8進出を決めました。
早稲田実は1対1の同点の3回、清宮の2点本塁打、続く加藤の本塁打で3点を勝ち越し。
4回にも1点追加。2点差とされた6回に2死満塁から清宮の3点適時二塁打で8対3とリード。東海大甲府は6回まで10安打を打ち4点をあげましたが、2人目上條に7回以降無安打に抑えられ、反撃できませんでした。

第二試合では、花咲徳栄が競り勝ち3回目の出場で初のベスト8進出を決めました。
0対0の7回花咲徳栄は1死一三塁から笹谷の中前適時打で均衡を破りました。前半、鶴岡東の松崎の落差のあるスライダーに苦しめられていましたが、5回目の無死の走者を初の連打で得点につなげました。鎌倉、高橋の継投で完封勝利。鶴岡東も再三得点圏に走者を出しましたが、11残塁とあと一本が出ませんでした。

第三試合では、東海大相模は18安打で遊学館に大勝し5年ぶりにベスト8へ進出しました。
東海大相模は1回杉崎の2点適時三塁打で先制。さらに磯網の適時打などで、この回4点。4回は千野、宮地の適時打で2点を追加。その後も得点を重ね18安打で大量11点をあげました。
遊学館は好投手の小笠原に8回まで6安打、2点に抑えられて13年ぶりのベスト8進出はなりませんでした。

第四試合では、打撃戦が予想されていましたが、予想に反した試合内容となりました。0-0で6回まで進みましたが、6回裏の九州国際大付の攻撃で、プロも注目の山本武白志が左中間にホームランで均衡を破りました。7回にも、作新学院の2番手ピッチャーから連打で1点追加しました。九州国際大付がベスト8進出を決めました。

今日、ベスト8進出を決めたのは、

早稲田実業
花咲徳栄
東海大相模
九州国際大付

の4校です。

ベスト8進出を決めたチームは、夏の甲子園で残す試合は最大で3試合です!
疲れも溜まっていると思いますが、悔いの無いように頑張ってもらいたいと思います٩( 'ω' )و 




f:id:nishimikawa:20150815175510j:image

スポンサードリンク