読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

西三河 Gスポット

時事ネタや地域ネタ、生活の中で感じた事などを書いています。

スポンサードリンク

広島カープ 黒田博樹 今シーズンで引退を表明!

今年のプロ野球は、セ・リーグは広島カープが優勝しました。

 

 

数年前から『カープ女子』も話題になるなど、注目を集めていた広島カープの優勝は、プロ野球ファンじゃなくても知ってるんじゃないでしょうか?

 

 

そんな広島カープの人気投手『黒田博樹』が、今シーズンでの引退を表明しました。

 

 

黒田博樹投手と言えば、広島カープからメジャーリーグに挑戦し、見事な活躍で『黒田博樹』の名を世界に轟かせました。

 

 

 

男らしい風貌で、闘士溢れる黒田博樹投手のピッチングは、迫力満点でしたね(^^)

 

 

メジャーリーガーとして、数億円の契約を断り広島カープに復帰したところでも、黒田博樹投手の律儀さを感じます。

 

 

そんな事もあり、広島カープファン以外からも人気の黒田博樹投手の引退・・・

 

 

やはり残念ですね。

 

 

 

広島カープがセ・リーグ制覇してからの引退表明・・・

 

 

黒田博樹投手っぽい気もします。

 

 

 

今週末から始まる日本シリーズが、黒田博樹投手の最後の舞台となります。

 

 

日本一になって、黒田博樹投手のプロ野球人生に華を持たせたいですね(=^^=)

 

 

 

f:id:nishimikawa:20161018172438j:image

 

 

 

黒田博樹投手の2016年

 

 

4月2日の巨人戦(マツダスタジアム)で120球を投げて4安打完封勝利を記録した。

 

40代での完封勝利は史上8人目、41歳以上では4人目の快挙。

 


7月23日の阪神戦(マツダスタジアム)では7回を投げ5安打無失点で、NPB/MLB通算200勝(NPB:121勝、MLB:79勝)を達成。

 

 

NPB/MLB通算200勝は野茂英雄に次いで2人目で、大卒での200勝達成は村山実以来46年ぶ。

 

そして、広島生え抜きの200勝達成は1992年の北別府学以来2人目。

 

試合後のセレモニーではチームメイトやスタッフがお揃いのシャツを着て祝福したが、このシャツの背面には入団1年目に2軍で1イニング10失点したことが記されていた。

 


6月29日のヤクルト戦(マツダスタジアム)で勝利したこと後で、NPB/MLB通算199勝の内198勝が先発勝利(先発登板時の勝利)であることが紹介された。

 


そのため、8月20日のヤクルト戦(マツダスタジアム)での先発勝利が野茂英雄と並ぶNPB/MLB通算201勝であると同時に、先発勝利での史上初となるNPB/MLB通算200勝目となった。

 

 

また、大卒投手としても史上初となる先発勝利のみでの200勝以上を達成したことになる。

 


9月10日の巨人戦(東京ドーム)でNPB/MLB通算202勝目をあげたことで野茂英雄のNPB/MLB通算201勝を抜き、NPB/MLB通算イニング数に続き勝星数においても歴代でトップとなる。

 


広島が優勝マジックを1として迎えた9月10日、東京ドームでの2位巨人との直接対決に先発し、6回6安打3失点で9勝目を挙げた。

 

 

この試合に勝利した広島は25年ぶり7度目のリーグ優勝を決め、黒田博樹は緒方孝市監督、新井貴浩とともに胴上げされた。

 

 

Wikipediaより引用

 

スポンサードリンク