読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

西三河 Gスポット

時事ネタや地域ネタ、生活の中で感じた事などを書いています。

スポンサードリンク

香嵐渓 紅葉 2016 愛知県屈指の紅葉狩りスポット!

朝晩と涼しくなり過ごしやすくなってきましたね(^^)

 

 

この時期になると、紅葉の時期や紅葉スポットなども気になります。

 

 

愛知県にも人気の紅葉スポットが多数ありますが、西三河地方には『香嵐渓』という愛知県屈指の紅葉スポットがあります(^o^)/

 

 

 

f:id:nishimikawa:20160912121509j:image

 

 

 

我が家も、紅葉の見頃になると数ヶ所の紅葉スポットに紅葉狩りに出掛けますが『香嵐渓』は外せない紅葉スポットとなっています(^^)

 

 

 

香嵐渓は四季折々に様々な風景がありますが、紅葉の見頃を迎える頃が一番賑わっていると思います。

 

 

愛知県内外から、沢山の観光客が『香嵐渓』を訪れるので、混雑しますけどね・・・(^^;

 

 

大変な混雑をする香嵐渓ですが、混雑の理由を考えてみると、『香嵐渓の紅葉は混雑を覚悟しても行ってみたい』と思える程なんだと思います。

 

 

香嵐渓はモミジの数が、4,000本以上ありモミジの種類も多種でいろはモミジやカエデなどそれぞれに違う色合いの紅葉が楽しめます。

 

 

また、紅葉の見頃には『もみじまつり』や『紅葉のライトアップ』もある為、昼間の華やかな紅葉と、夜の艶やかな紅葉を楽しむ事が出来ます。

 

 

 

今回は、香嵐渓の紅葉の見頃や見どころを紹介したいと思います(^o^)/

 

 

 

 

f:id:nishimikawa:20160912121115p:image

 

 

 

 

 

香嵐渓の紅葉の見どころは?

 

 

香嵐渓は、周囲が山に囲まれた渓谷なので、紅葉の見どころが沢山あります(^^)

 



豊田市役所足助支所の近くにあり、渓谷の入り口にある巴橋からは飯盛山を一望出来る紅葉スポットです。

 


紅葉した木々が川面に映り、昼間は水鏡に映る紅葉が綺麗です。

 

 

また、日が暮れて紅葉がライトアップされると艶やかな紅葉を見る事が出来ます。

 

 

待月橋も紅葉の絶景ポイントです。


紅葉する時期によっては、緑から黄緑、黄色からオレンジ、赤色へと変わっていく紅葉を楽しむ事が出来ます。

 

 

 

香嵐渓は『ハズレの無い紅葉スポット』と言われていますが、その理由が『香嵐渓の何処からでも紅葉が見る事が出来る』というところだと思います。

 

 

香嵐渓は広い敷地です。

 

歩き疲れたらコーヒーを飲みながら、渓谷の紅葉で癒されてください(^^)

 

 

f:id:nishimikawa:20160912121401j:image

 

 

 

 

 

香嵐渓の紅葉の見頃は?

 

 

香嵐渓の紅葉の見頃は、例年だと『11月中旬~12月上旬』です。

 

 

11月中旬頃から色付き始め、紅葉のピークは11月後半頃だと思います。



香嵐渓では、『もみじまつり』が終わるとライトアップも終了します。



香嵐渓で紅葉のライトアップを楽しみたい人は、『もみじまつり』の期間中に行ってくださいね(^^)

 

 

日本気象協会のリンクで紅葉の見頃をご確認出来ます。

 

 

2016年の紅葉情報は10月頃から更新されます。

 

 

www.tenki.jp

 

 

 

 

 

 

香嵐渓 もみじまつり 2016

 

 

香嵐渓広場で行われる『もみじまつり』は、期間中に紅葉のライトアップも行われます。

 

 

昼間の紅葉と、ライトアップされた幻想的な紅葉を楽しめます。

 

 

 

香嵐渓 もみじまつり

 

場所:足助・香嵐渓広場

 

期間:2016年11月1日~30日

 

ライトアップ期間:2016年11月1日~30日 日没~21:00

 

 

 

 

 

香嵐渓へのアクセス方法は?

 

 

電車・バス

 

名鉄名古屋本線『東岡崎駅』から、足助行きバス香嵐渓下車


名鉄豊田『浄水駅』から、とよたおいでんバス百年草行き香嵐渓下車


名鉄三河『豊田市駅』より、名鉄バス足助行き香嵐渓下車

 

 


 

東名高速道路豊田JCT→東海環状自動車道→豊田松平IC下車、(ETC付き普通車の場合は、鞍ヶ池スマートIC下車)、県道39号を経由国道153号を飯田方面へ約15キロ。

 

ナビがあるなら、『香嵐渓』で1発ですが・・・(笑)

 

 

 

 

下記リンクでも、沢山の紅葉スポットを紹介しています。

 

 

enjoy-lab.xsrv.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク