西三河 Gスポット

時事ネタや地域ネタ、生活の中で感じた事などを書いています。

スポンサードリンク

男の子と女の子の産み分け方法

6月に入りました(^^)
 
 
6月と言えば梅雨の季節ですね(^^;
 
 
ジメッとしたイメージもある6月ですが、6月に挙げる結婚式をジューンブライドと言い6月の花嫁は幸せになれると言われる素敵な月でもあります(=^^=)
 
 
 
 
ジューンブライドと言われる由縁はいくつかあるようです。
 
 
 
 
「JUNE(6月)」と「Bride(花嫁、新婦)」という言葉から成る「ジューンブライド(June Bride)」は、直訳すると「6月の花嫁」です。
 
 
ジューンブライドは、「6月に結婚した花嫁は幸せになれる」というヨーロッパの言い伝えに由来しています。
 
この言い伝えができたのには諸説ありますが、有名なものとしては下記の3つですね♪
 
 
 
 
女神「JUNO」説
 
6月の月名である「JUNE」と、ローマ神話で結婚をつかさどる女神である「JUNO」に由来していて、6月は結婚や女性の権利を守護する「JUNO」の月と言われています。
 
 
『結婚をつかさどる月に結婚する花嫁はきっと幸せになるだろう』という言い伝えです。
 
 
 
 
 
気候・季節説
 
 
ヨーロッパの6月は1年の中で最も雨が少ない月で、気候なども適しています。
 
また、「復活祭」が行われる月でもあるため、ヨーロッパ全体がお祝いムードとなるので、多くの人から祝福される6月の花嫁は幸せになるだろう、という言い伝えです。
 
 
 
 
結婚解禁説
 
 
農作業の妨げとなることから、ヨーロッパでは3月、4月、5月の3ヶ月間は結婚が禁じられていました。
 
そのため、結婚が解禁となる6月に結婚式を挙げるカップルが多く、多くの人から祝福される6月の花嫁は幸せになれるだろう、という言い伝えです。
 
 
 
 
ヨーロッパでは気候のいい6月ですが、日本では梅雨真っ只中となる6月です。
 
日本では、まだジューンブライドという言葉が知られていなかった頃、梅雨時期である6月の挙式を避けるカップルが多く、式場はどこも閑散としていたそうです。
 
 
 
そんな梅雨時期の閑散とした結婚式場が、ヨーロッパの言い伝えに目を付けたそうです。
 
そして、ヨーロッパのジューンブライドを宣伝し始めたそうです。
 
 
その後、その素敵な言い伝えに共感する人々へ普及していったそうです(=^^=)
 
 
日本にジューンブライドが定着したのは、結婚式場の「企業戦略」から始まったんですね(^^)
 
 
日本人に受け入れられたジューンブライドが梅雨時期であろうと、6月が結婚をつかさどる女神の月に変わりはありません♪
 
 
きっと、6月の花嫁は幸せになる事でしょうね(=^^=)
 
 
f:id:nishimikawa:20160602015334j:image
 
 
 
 
また、結婚と言えば子宝にも恵まれたいものですね(^^)
 
 
昔は、結婚初夜に愛し合う夫婦が多かったそうですが、それも昔だけなのかな?(^^;
 
 
 
 
夫婦では、男の子が欲しかったり、女の子が欲しかったりと、人それぞれの想いはあると思いますが、『産み分けが出来れば良いな』と思った事はありませんか?
 
 
出産に関しては神任せでも良いと思いますが、参考までに男の子と女の子の産み分け方法を紹介したいと思います。
 
 
信じるか信じないかはお任せします(笑)
 
 

男の子と女の子の産み分け方法で、

 
『エッチが下手でイカないと女の子が出来て、イクと男な子が出来る』
 
なんて噂話しを聞いたことありませんか?
 
 
実はちゃんとした根拠があるそうですよ(^^)
 
 
 

性別のメカニズム
 
 
男の子と女の子の違いは染色体です。
 
人間は46本の染色体で構成されていて、そのうち2本の性染色体がXXだと女の子、XYだと男の子が出来ます。
 
染色体は両親から1本ずつ貰うので、卵子が持ってる染色体は「X染色体」だけで、精子が持っているX染色体かY染色体のいずれかと受精をし、男か女かのどちらかが出来るそうです。
 
 
 
 
どうすれば「X染色体」と「Y染色体」を分けられるのか?
 
 
染色体の特徴は「X染色体」は酸性に強く、2~3日寿命があります。
 
「Y染色体」はアルカリ性に強く寿命は24時間でX染色体より量が多く運動量が活発です。
 
 膣内は普段酸性で、排卵日だけアルカリ性が強くなります。
 
そのため、女の子を望むなら排卵日以外で射精するとX染色体は寿命が長いので出来やすくなり、さらに膣の浅い所が酸性が強く、奥の方はアルカリ性が強くなっていますので浅いところで射精すると女の子が出来やすいと言われています。
 
 
 
 
エッチが下手なのことと染色体の関係
 
膣内が酸性かアルカリ性かによって左右されるのですが、女性がオーガズムを感じる(イク)と体のホルモン分泌が変化し膣の奥からアルカリ性の分泌液が出てきます。
 
そうなると、酸性濃度が低くなるのでY染色体が受精しやすくなるのです。
 
したがって、エッチが下手だと、酸性が強いままですので、そのまま射精してもY染色体は生き残らず、X染色体が高確率で受精します。
 
これがエッチが下手だと女の子が産まれるという理論のようです。
 
 
 
 
エッチが下手とは?
 
今回の内容から「エッチが下手」とは、慣れていない人のことを言うのではなく手馴れていても相手を感じさせずにさらっと終わってしまうエッチのようです。
 
 
愛撫をきちんとして女の人をたっぷり濡らせていますか?
 
この「濡らせる」行為が男の子か女の子かを分ける決め手になるのです。
 
「感じること」に伴う愛液が膣内をアルカリ性にするため、男の子が生まれるY染色体もその分生き残りやすくなるんですね(^^)
 
一方、乱暴にしたり、濡らさないまま入れたりと、「痛い」と感じると膣内の酸性が強くなります。
 
そのため、例えばピストン運動が苦手な人なんかもきちんと愛撫さえすればアルカリ性が強くなりますし、かなり手馴れている人でも愛撫が少なく自己満セックスをすれば酸性が強くなります。
 
 
実際は、妊娠が分かるまで何回も妊活するでしょうから、どの日だったのか分かりませんがね・・・(^^;
 
 
 
ただ、この産み分け方法を知っていると妊活も楽しくなるのではないでしょうか?
 
 
f:id:nishimikawa:20160602015438j:image
 
 
 
スポンサードリンク
 
 

スポンサードリンク