読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

西三河 Gスポット

時事ネタや地域ネタ、生活の中で感じた事などを書いています。

スポンサードリンク

月9ドラマ『ラヴソング』挿入歌 『500マイル』

福山雅治さん主演の月9『ラヴソング』で流れる挿入歌『500マイル』が、寂しくもあり、心地よくもあります(^^)

 

 
月9ドラマのヒロインに抜擢された『藤原さくら』さんが口ずさんでいたシーンから気になっていました。
 
 
ネットで調べてみると、同じようにドラマで『500マイル』を聴いた視聴者の書き込みも多数ありました(^^)
 
 
 
 
『500マイル』の原曲は1961年にアメリカのシンガーソングライターであるヘディウェスト(Hedy West)さんがリリースしたファーストアルバム『Hedy West』に収録されていた『500miles』だそうです。
 
 
この曲の訳詞を担当しているのは今は亡き、天才ロックスター・忌野清志郎さんだそうです。
 
 
月9ドラマ『ラヴソング』の挿入歌としても流れ、話題になっている『500マイル』の日本語歌詞が切ないですね・・・
 
 
 
 
500マイル
 
 
次の汽車が 駅に着いたらこの街を離れ
遠く500マイルの 見知らぬ街へ
僕は出て行く 500マイル
 
ひとつ ふたつ みっつ よっつ
思い出数えて 500マイル
 
優しい人よ 愛しい友よ
懐かしい家よ さようなら
 
汽車の窓に 映った夢よ
帰りたい心 抑えて
抑えて 抑えて 抑えて 抑えて
悲しくなるのを 抑えて
 
次の汽車が 駅に着いたら
この街を離れ 500マイル
 
 
 
 
YouTubeで検索すると、松たか子さんがカバーした『500マイル』が出てきますが、月9ドラマ『ラヴソング』の挿入歌として使われているのはLeyona feat.忌野清志郎バージョンの『500マイル』のようです。
 
 

 
 
遠くはなれた故郷への望郷の念を歌った『500マイル』ですが、広くアメリカで歌われ、アメリカのフォークソンググループ、ピーター・ポール&マリーが
1960年代に大ヒットさせ、日本のフォークソングブームにも大きな影響を与えたそうです(^^)
 
 
 
 
僕も、故郷鹿児島を離れ、500マイル以上離れた土地で暮らしています。
 
 
懐かしいような、寂しいような感覚で聴こえたのは、そんな理由かも知れませんね(=^^=)
 
 
優しいメロディーの『500マイル』ですが、不思議とパワーを感じる曲でもあります。
 
 
故郷の友を想いながら、今日も頑張って働きたいと思います٩( 'ω' )و 
 
 
 
 
 

広告を非表示にする
スポンサードリンク