西三河 Gスポット

時事ネタや地域ネタ、生活の中で感じた事などを書いています。

スポンサードリンク

河内藤園 見頃はゴールデンウィーク

桜の花見が終わると、ゴールデンウィークの予定を立て始める人も多いのではないでしょうか?
 
 
ゴールデンウィークの時期には、各地の藤園が人気ですね(^^)
 
 
 
 
今回は、FacebookやTwitter等でも取り上げられて、日本だけで無く世界各地から観光客が訪れる藤園を紹介します(^o^)/
 
 
 
 
河内藤園
 
 

河内藤園の一番の見所は、花下面積1850坪を誇る「藤棚と藤の花のトンネル」です♪

 
 
河内藤園の藤の見頃は、例年4月下旬~5月上旬なので、ゴールデンウィークのお出かけスポットとしても人気です(=^^=)
 
 


河内藤園には、長さ80mと110mの2種類のトンネルがあり、開花時期には22種類の藤の花が咲き乱れ、その素晴らしさに入場した途端から圧倒されますよ(=^^=)
 
 
 
f:id:nishimikawa:20160412212507j:image
 
 
 
日本で最も美しいと言われる『藤棚トンネル』は、遠方の方々にも一度は見てもらいたいものです。
 
 
河内藤園の特徴として、入園料が咲き始めが500円~見頃が1500円と開花状況によって変動します。
 
 
入園料が1500円だと、満開に近い綺麗な藤の花を見る事が出来ます(=^^=)
 
 
 
 
河内藤園の絶景は、観光客がFacebookやTwitterに投稿した為、国内外からたくさんの観光客が来園されます(^^)
 
 
その為、渋滞も凄いそうです(^^;
 
 
 
大変な混雑になるので、2016年度からGW前後の4/23(土)~5/8(日)は入園方法がコンビニで販売する事前チケット購入制に変更となりました。
 
 
詳細は、河内藤園の公式サイトでご確認ください。
 
 
 
河内藤園の見所は、藤のトンネルだけではありません(^^)
 
 
トンネルを登った先に藤棚で覆われた約1000坪の広い広場があるのですが、ここの大藤棚も圧巻です(^o^)/
 
 
 
f:id:nishimikawa:20160412212530j:image
 
 
 
目前まで垂れ下がる藤の房を眺めながら、広大な藤棚の下でゆっくりした贅沢な時間を過ごせます。
 
 
 
ゴールデンウィークの予定が決まっていない方は、河内藤園をオススメします(=^^=)
 
 
 
 
 
河内藤園の公式サイト
 
 
アクセス
 
住所  北九州市八幡東区河内2-2-46
 
 
西鉄バス・河内小学校前から徒歩約15分
 
 
九州自動車道の小倉南ICから車で約30分
 

スポンサードリンク