読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

西三河 Gスポット

時事ネタや地域ネタ、生活の中で感じた事などを書いています。

スポンサードリンク

なばなの里 結婚記念日にイルミネーション

3月14日のホワイトデーを前に、三重県の『なばなの里』に行ってきました(^^)

 
 
f:id:nishimikawa:20160313082532j:image
 
 
 
3月14日は、ホワイトデーでもありますが結婚記念日でもあるので・・・(^^;
 
 
毎年、この時期は『なばなの里』のイルミネーションを観て、温泉宿で過ごすのが定例となっています(=^^=)
 
 
『なばなの里』と言えば、日本一とも言われる華やかなイルミネーションで有名ですが、二月中旬~三月中旬頃までは『枝垂れ梅』と『河津桜』も満開時期を迎え、夜には幻想的にライトアップされます。
 
 
 
なばなの里に着いたのは午後6時位でした。
週末の土曜日って事もあり、なばなの里の近くの駐車場は満車で臨時駐車場に停めました(^^;
 
臨時駐車場からは、なばなの里までの無料シャトルバスが運行されています♪
 
かなり並んではいますが、ピストン運行されている為、そんなに待つ事も無くなばなの里に入園出来ます。
 
 
 
なばなの里に入ると、青い絨毯の様なイルミネーションが広がり、訪れる人達の目を引き付けます(^^)
 
 
f:id:nishimikawa:20160313082604j:image
 
 
河津桜の桜並木を歩きながら、なばなの里のイルミネーションのメイン会場へ向かいます♪
 
 
今季のなばなの里のイルミネーションと言えば、『光のトンネル』『アルプスの少女ハイジ』『青のトンネル』がメインとなっています。
 
 
『光のトンネル』の入口では、初めてなばなの里を訪れた人達の歓喜の声が聞かれました♪
 
 
f:id:nishimikawa:20160313082802j:image
 
 
何度見ても、遥か奥まで続く光のトンネルは圧巻です!
 
 
 
光のトンネルを抜けると、今季のメインにもなっている『アルプスの少女ハイジ』の世界観を見事に演出したイルミネーションが広がります(=^^=)
 
 
 
 
 
f:id:nishimikawa:20160313082836j:image
 
 
近年のイルミネーションでは、プロジェクションマッピングを使用する事が多いですが、なばなの里のイルミネーションはプロジェクションマッピングを使わない事でも有名です。
 
 
大掛かりなイルミネーションなので、近くで見るよりは、展望スペースから眺めた方が見やすいですが、凄い人なので前に進めるまでは時間がかかりますね(^^;
 
 
 
 
展望スペースを降りると、『青の洞窟』があります。
 
『光のトンネル』や『アルプスの少女ハイジ』と華やかなイルミネーションの後に、静かで幻想的な『青の洞窟』を通るので、少し落ち着いた気持ちになれますね♪
 
 
 
 
 
青の洞窟を抜けて、入口とは少し趣きの違う河津桜と池のイルミネーションのコラボを見ながら歩きます。
 
 
f:id:nishimikawa:20160313083217j:image
 
 
青の洞窟と池のイルミネーションと河津桜でで気分が落ち着いたら、枝垂れ梅のライトアップで更に癒されます。
 
 
f:id:nishimikawa:20160313082925j:image
 
 
 
なばなの里では、入園料に金券が1000円分付いています。
 
これが良いのか悪いのか、必然的に『なばなの里』で晩飯になりますね(^^;
 
 
 
なばなの里のイルミネーションを楽しんだ後は温泉です♪
 
 
なばなの里にも温泉はありますが、まだ寒さの残っている季節です。
 
 
湯冷めしないように、四日市の温泉に行きました(=^^=)
 
 
f:id:nishimikawa:20160313083258p:image
 
 
露天風呂の種類も多く、サウナや内風呂は勿論、休憩スペースも充実していました(=^^=)
 
 
寒さが気持ち良く感じる露天風呂で、星空を見ながらゆっくり出来ました。
 
 
心も身体もリフレッシュして、また仕事を頑張ろうって気持ちになれました。
 
 
関連記事
 
スポンサードリンク