西三河 Gスポット

時事ネタや地域ネタ、生活の中で感じた事などを書いています。

スポンサードリンク

安室奈美恵 ノンストップで歌い続けるライブは圧巻

安室奈美恵さんと言えば、あらゆる世代から絶大な人気を誇り、日本を代表する歌姫として20年近く活躍しているトップアーティストですね(^^)


安室奈美恵さんの歌詞に共感する様々な世代からの支持は絶大で、以前では『アムラー』と呼ばれる安室奈美恵さんのファッションを真似た若い女の子のファッションリーダーとしても注目されていました。


現在もトップアーティストとして活躍する安室奈美恵さんですが、これまでには引退を考えるほどの数々の試練と苦悩があったそうです。


安室奈美恵さんは、沖縄県生まれで小学校の頃スカウトをされて中学生で"スーパーモンキーズ"としてデビューしました。

1995年にはソロデビューを果たし、続々ミリオンセラーを連発し一気にトップアーティストとしての地位を確立しました。


若者のファッションリーダーとして、安室奈美恵さんのファッションを真似する女性を指した『アムラー』がこの年の流行語となりました。


しかし、日本を代表するアーティストとなった安室奈美恵さんでしたが、その後数々の不幸・リリースするCD売上不調が続き、引退も考えるようになったといいます。


世間からは、

「もう安室奈美恵の時代は終わった」

と心ない言葉も囁かれることもありました。


この頃、安室奈美恵さんが海外メディアでのインタビューに答えた内容から、安室奈美恵さんの強さを感じる事が出来ます。



『私はアイドル時代会社に操られている機械だった。 

考える時間も権利さえも与えてもらえなかった。 

私は反抗し続けた。

私の人気は3年前急落した。 

親友さえも安室奈美恵は終わったといった。

メディアに媚を売って人気を回復することは絶対したくない。 

1から這い上がってみせる。 

ただもう一度歌を歌いたかった。 

母の死は私を地獄へ突き落とした。

もう何もできなかった。 

けど私も一人の母親なのだ。 

息子のために頑張らなきゃいけない。 

それが生きがい。 

世間は息子を捨てた最低な母親と思っているかもしれない。 

メディアもこぞってそう書きたてた。 

けれど人がどう思うと関係ない。 

私は息子のため自分のために歌い続ける。 

私は自分の決めた道を突き進むだけ。 

これからどれだけのファンが待っていてくれるか分からない。 

まだまだ手探りの状態だけど私は凄く幸せです。』 


この安室奈美恵さんのコメントは、安室奈美恵さんの名言としても知られています。



現在でも日本を代表するアーティストとして活躍する安室奈美恵さんの強さの裏には、ドン底時代を経験した、『 歌姫 安室奈美恵』としての確固たる決意があるのでしょう。


安室奈美恵さんのライブは、安室奈美恵さんのストイックな姿勢も注目されます。


ライブでありがちな、ファンとのトーク等はほとんど無く、歌とダンスでファンを魅了します。


本物の歌手を生で見たり、歌手のトークを楽しみにする機会が『ライブ』だと思いますが、安室奈美恵さんファンだからこそ、そんな安室奈美恵さんのストイックな姿勢のライブに納得出来るのかも知れませんね(^^)



「namie amuro LIVEGENIC 2015-2016」は、最新アルバム「_genic」の収録曲を中心に披露しているアリーナツアーです。

 

2時間以上ほぼノンストップで歌い続けるライブは圧巻で、毎年参加する安室奈美恵ファンを魅了しています。

 

昨日12月15日に行われた東京・国立代々木競技場第一体育館公演にはCrystal Kayがサプライズ出演し、9月にシングルでリリースしたコラボレーション曲「REVOLUTION」を2人で初歌唱した事で話題になりました。

 
 
 
DVDとBlu-rayには、最新シングル曲「Red Carpet」「Black Make Up」を含む29曲と、11月の宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ公演で歌唱した「Break It」「arigatou」の映像などが収録されています。

 
CDショップやECサイトでの予約受付は12月25日にスタートしています。



 
 

【早期購入特典あり】namie amuro LIVEGENIC 2015-2016(DVD)(非売品B2オリジナルポスター付)

新品価格
¥4,666から
(2016/2/12 08:35時点)

 
なお今回のツアーは2月10日まで開催され、3月には台湾公演と香港公演も決定しています。


安室奈美恵さんの、ダンスと歌で作り上げたライブDVDは必見です(^^)

ダンスと歌で勝負する安室奈美恵さんは、アーティストとしての完成型なのかも知れませんね(=^^=)
スポンサードリンク