西三河 Gスポット

時事ネタや地域ネタ、生活の中で感じた事などを書いています。

スポンサードリンク

『スマロス』 早くも2016年の流行語大賞? SMAP 解散の裏側

昼のワイドショーでは、SMAPの解散騒動で賑わってますね(^^;

 

 
 
数日前にネットニュースで「SMAP 解散!」って見た時はガセネタだと思ってたけど、どうやらSMAPの解散騒動は本当みたいですね( .. )
 
 
 
国民的アイドルのSMAPが解散・・・
 
 
2015年は、福山雅治さんの結婚で「ましゃロス」なる言葉が流行ったけど、2016年は「スマロス」になるんですかね?
 
 
 
SMAP 解散騒動の経緯は再三再四、報道されているので、知っていると思いますが一応・・・(^^;
 
 
 
 
『国民的アイドル「SMAP」が分裂し、グループ解散は不可避の情勢にある』
 
と、報道したのが1月14日発売の「週刊新潮」です。
 
 
「週刊新潮」によると、SMAP 解散の原因は、SMAPの育ての親とも言える飯島マネージャーとジャニーズ事務所副社長・メリー喜多川氏の対立だそうです。
 
 
飯島マネージャーとメリー喜多川氏の間に生まれた溝は、意思疎通が不可能なまでに深刻化し、SMAPの仕事の進め方を巡って、昨年9月には双方が弁護士を立てての協議が行われたそうです。
 
 
「昨年12月半ば、事はほぼ決しました。飯島さんは解雇されることになった。肝心のSMAPも当初は飯島さんと行動を共にし、全員で独立すると見られました」
 
と、事務所関係者のコメントもありました。
 
 
事務所側も、顧問弁護士が個別にメンバーを呼び、意思確認を行った結果、11月までに木村拓哉以外の4人が「脱退します」と明言したそうです。
 
木村拓哉への確認は12月半ばにようやく行えましたが、木村拓哉は弁護士に、
 
「成功したから独立というのは、筋が通らない」
 
 
と、脱退を拒否され現在のSMAP解散騒動に至っているようです。
 
 
 
 
 
国民的アイドルのSMAPが解散って事でいろんな噂や憶測が出回っています。
 
 
特に、中居正広さんの今までの発言には注目が集まっていますね(^^;
 
 
中居正広さんは、他のSMAPメンバーよりテレビでの露出も多いし、結構言いたい事を言える立場になってるから仕方ないのでしょう( .. )
 
 
 
ただ、最近の芸能界は少し異様な雰囲気を感じますね。
 
 
ロンドンブーツ一号二号の田村淳は、極楽とんぼの山本圭一の復帰に躍起になったり、ダウンタウンの松本人志は吉本興業批判で独立の噂もあります。
 
 
吉本興業については、芸能界以外の業績悪化で経営そのものが危ないとも言われています。
 
 
主力芸人と、主力芸人を慕う若手芸人が一斉に移籍してもビックリしない人が多いでしょう。
 
 
年末恒例の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』や、先日の『すべらない話』に、中居正広さんが出演していましたが、何か裏があるのか勘ぐってしまうのは僕だけでしょうか?
 
 
 
SMAPの所属するジャニーズ事務所でもKATーTUNのメンバーの相次ぐ脱退もあります。


芸能界の勢力図が変わりつつあるのかな?
 
 
 
 
現在の芸能界の主力メンバーをまとめる後ろ盾がいるとすれば、2016年の芸能界は一変するかも知れませんね(^^)
 
 
SMAP 解散の裏側には、大きな何かがあるのかも・・・?
 
 
 
2016年の流行語大賞は、
 
『スマロス』
 
 
2016年を表す漢字は、
 
『散』
 
 
でしょうね(笑)
 
 
 
 
 
スポンサードリンク
 
 
 

スポンサードリンク