読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

西三河 Gスポット

時事ネタや地域ネタ、生活の中で感じた事などを書いています。

スポンサードリンク

おせち料理の中身

後数日で2016年になりますね(^^)

お正月と言えば『おせち料理』ですが、皆さん準備は進んでますか?


近年では、有名な店や料理人が作った『おせち料理のお取り寄せ』も人気のようですが、自宅で作れるのなら手作りのおせち料理も良いですよね(=^^=)


僕が子供の頃は、祖母がおせち料理を作っていました。


20代、30代の頃は、おせち料理について何とも思っていませんでした。


40代になり2016年4月には初孫が産まれます(=^^=)


この年齢になると、何故か『おせち料理』が懐かしく思えてきました(^^;


娘が孫を連れて帰って来た時には、おせち料理で出迎えて、「日本の正月の姿を伝えたい」と言った気持ちが芽生えたのかも知れません(^^)


『おせち料理』も、日本の古き良き文化ですからね♪


そこで、2016年の正月には『おせち料理』を作ろうと考えています(^o^)/


重箱はダイソーで小さいのを購入しました。
まだ、嫁と2人なのでこの位の大きさで十分かと思いまして・・・(^^;


f:id:nishimikawa:20151229065636j:image


で、問題は中身ですね(^^;


おせち料理の中身を調べてみると、いろんな決まり事みたいなのがあるようです。


一の重(祝い肴・口取り) 

一の重には、お屠蘇をいただくための祝い肴を詰めます。
蒲鉾・黒豆・田作り・伊達巻・栗きんとん・数の子など。
お料理の数は、5種、7種、9種(奇数詰め)です。


二の重(酢の物など) 

二の重は「口代わり」といわれ、なます・酢れんこんなどの酢の物を詰めます。
現在では焼きものなども詰めるようになったそうです。


三の重(煮しめ) 
三の重には煮物を詰めます。
お正月のメイン料理。 材料を合わせて詰めるのもいいですが、素材ごとにおしゃれに詰めるのもいいですね。


.....〆(・ω・)メモメモ


どうやら、何でも良いわけじゃ無さそうです(笑)


嫁と相談した結果、「とりあえず、食材探しに行こう!」って事になり、買い物に出掛けました(=^^=)



やはり、おせち料理は季節物なので伊達巻きや蒲鉾など、正月用の食材コーナーが設けられていました。


となると・・・


やっぱり買っちゃいますね(笑)


f:id:nishimikawa:20151230015708j:image


他の物は作る予定ですが、予定は未定です(^^;


新年を迎える気持ちが大切だと思います(=^^=)



2016年の正月は、見栄えは良さそうなおせち料理が出来そうです(=^^=)
スポンサードリンク