西三河 Gスポット

時事ネタや地域ネタ、生活の中で感じた事などを書いています。

スポンサードリンク

『笑ってはいけないシリーズ』今回で最終回

11月16日、2015年12月31日に放送される、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』の恒例年越しスペシャルのテーマが、

「絶対に笑ってはいけない名探偵24時!」

と発表されました(^^)



日本テレビ 2015年12月31日(木)18:30~24:30
<出演者>
ダウンタウン / 月亭方正 / ココリコ / 板尾創路 / 蝶野正洋 他




『NHK紅白歌合戦』に次ぎ、大みそかの風物詩となった『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』の「笑ってはいけない」シリーズは、相変わらず注目度が高いですね(^^)

昨年末の放送でも、民放ではぶっちぎりの高視聴率を記録したそうですが、今年は違う意味でも騒がれています( .. )


『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!(ガキ使)』『笑ってはいけない』などを手がけ、2014年春に日本テレビを退社した名物プロデューサー・菅賢治(通称"ガースー")さんが、今後も『笑ってはいけないシリーズ』の演出をするのかが注目です。

菅氏は“ガースー”の愛称で頻繁に番組出演し、ダウンタウンとともに番組作りを行ってきた立役者です。

現在も演出を担当していますが、

「定年退職で現場を離れてしまえば、番組の雰囲気がガラリと変わってしまうのでは?」

との心配もあるようです。


また、毎年大みそかに放送されている『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』の「笑ってはいけない」シリーズは、今年で10年目を迎えますが、松本人志から「卒業宣言」が飛び出し、ネット上で話題となっています(^^;

『「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」大晦日年越しスペシャル絶対に笑ってはいけない名探偵24時!』と題して放送される今回は、探偵事務所が舞台です。

新人探偵に扮した、ダウンタウン、月亭方正、ココリコの5人が、数々の“笑ってはいけない”トラップに挑むこととなりますが、シチュエーションが変わっただけで、内容は変わらないですよね(笑)


12月3日にはレギュラーメンバーが記者会見に出席し、その席で松本人志さんは、

「卒業にふさわしい、ファイナルにふさわしい番組になった」

とコメントして、これが注目を集めています。

松本人志さんの“卒業宣言”はあくまでもリップサービスといった雰囲気もありますが、この卒業宣言に対してTwitterでは、


「笑ってはいけないの卒業宣言が本物だったら来年の年末からが寂しいな」

「今年でおわっちゃうんだ!毎年、大晦日楽しみにしていた番組なんだけどなー!」

「年越しのメインイベントだったのになぁ」


と、終了してほしくないとの意見も多く投稿されました。

逆に、

「毎年シチュが違うだけで一緒やから面白くないんだよな」

「最初はおもろかったけど、そろそろ飽きて来たもんなぁ。 賢い選択かもね?」

「ここ数年、去年一昨年のを放送してても別に差し障りないくらい同じ内容だったし潮時なのかもな。終わらせるなら閉店セールじゃなくてしっかり終わらせてほしい」

などの意見もあるようです。


10回目の『笑ってはいけないシリーズ』・・・
区切りとしては、ちょうど良さそうですけどね(^^;

僕の個人的な意見としは、最近のお笑い番組は『お笑い芸人同士のイジリ合い』のような気がするので、もっと『ネタ番組』を増やして欲しいと思っています。

ネタをやらないお笑い芸人は、お笑い芸人と呼ばなくて良いんじゃないですかね?(笑)


話しを元に戻すと、『笑ってはいけないシリーズ』は、今回で最終回だと思っています(=^^=)
スポンサードリンク