読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

西三河 Gスポット

時事ネタや地域ネタ、生活の中で感じた事などを書いています。

スポンサードリンク

N高等学校の魅力

カドカワは、2016年4月に開校を予定している「N高等学校」に関して、学校名や授業内容などの詳細を公開しました。

まず、角川書店で知られる「KADOKAWA」と、ニコニコ動画の「ドワンゴ」が経営統合に踏み切った事はご存知だと思います。

ネット上でも、経営統合が発表されてから、「カドカワ」の動きに注目が集まっていました。
今回「カドカワ」が発表した、ネット高校「N高等学校」の設立にも、ネットやメディアで多くの注目が集まっています。

f:id:nishimikawa:20151015151824j:image


それでは、N高等学校の内容を紹介しようと思います(^o^)/

「N高等学校」は、今のネット社会に対応した新しい高校だそうです。

沖縄県うるま市に設置され、大学進学に向けたオリジナル授業の他、各業界プロフェッショナルの講師陣によるプログラミング、文芸小説、ゲーム、アニメ、ファッション、美容など、多種多様な「課外授業」がネットで受けられることが特長となっています。

ネット高校ですが、初年度から10000人の募集を掲げ、東大合格を目指しているそうです。

詳細はN高等学校の公式サイトでご確認ください↓↓↓



N高等学校では、授業やレポート提出をネットで行うため、生徒は時間を問わず、自身のペースで授業を受け、ネットを通じて講師に質問できます。

また、ネットだけでなく、地方自治体と連携して実施する「職業体験」の機会も提供するそうで、地域活性化にも期待できそうですね(^^)

農業・漁業・伝統工芸など、実際に地方での職業体験に参加することで、早期に社会で役立つスキルを身に付ける事が狙いだそうです。

さらに、グループ会社のドワンゴが運営する動画サービスniconicoの「ニコニコ超会議」や「闘会議」といった、リアルイベントへも生徒として参加できます。ネットを通じて自由に授業を受けながら、リアルの体験機会も提供していくことで、新しい教育の在り方を提案していく事を目指しているN高等学校♪
これだけ聞いても魅力ある高等学校だと思います(^^)

N高等学校では、各プロフェッショナルによる課外授業もあるそうです。

大学進学を目指す生徒向けのカリキュラムとして、KADOKAWA中経出版の全面協力によるオリジナル教材を用意し、レベル別に選択可能な問題集と、詳細な解説の参考書、解説動画の組み合わせで、内容を徹底的に理解できるようにするそうです。
N高等学校から、東大合格者を出すと言う目標は本気ですね(¯―¯٥)

さらに、“ビリギャル”の著者で坪田塾塾長の坪田信貴さんがスペシャルサポーターを務める実力派講師陣の白熱授業によって、大学進学のための力を養成します。
これまでのネット授業にはなかった、双方向性のある授業で、みんなと一緒に教室で授業を受けている感覚で学べるそうです。


その他、ドワンゴのトップエンジニアが教える「プログラミング授業」やKADOKAWA から作品を出版する作家が教える「文芸小説創作授業」、電撃レーベルで活躍するクリエイターが教える「エンタテインメントを創る授業」といった課外授業が用意されていて、いろんな分野に魅力がありますね(=^^=)


N高等学校では、生徒全員にメールアドレス、Slack(コミュニケーションツール)、GitHub(共有ウェブサービス)のアカウントを発行し、生徒間の日常のコミュニケーションはSlackで行い、創作物やレポートはGitHubで共有するなど、ネットで同級生と楽しく学園生活が送れるそうです。

f:id:nishimikawa:20151015151848j:image

ネットの高校でもリアルの行事が充実しているそうで、「ニコニコ超会議」や「闘会議」をはじめとしたniconicoが展開するリアルイベントへの参加企画も行われるようです。


魅力あるN高等学校ですが、賛否両論あるようで、一番多い意見が「人と人とのコミュニケーション能力の低下」のようです( .. )
ネットに依存する若者が多い中、N高等学校には期待も出来ますが、不安要素をどう打開していくか注目ですね(=^^=)

広告を非表示にする
スポンサードリンク