西三河 Gスポット

時事ネタや地域ネタ、生活の中で感じた事などを書いています。

スポンサードリンク

アルコール依存症の患者に配慮?

9団体からなる「酒類業中央団体連絡協議会」が、酒類の広告について自主規制を強める方針を明らかにしたというニュースが報じられ、波紋を広げているそうです( .. )

朝日新聞デジタルの記事によれば、8月31日に同協議会は、広告に使用するモデルの年齢を「成年(20歳)以上」から「25歳以上」に引き上げるほか、CM内での「『ごくごく』『ぐびぐび』という効果音の使用や、のど元のアップもやめる」方針を明らかにしたそうです。
これは「『アルコールを我慢している依存症の患者には苦痛』という声に配慮した」ものだそうです。

のどごしを表現する際の“定番”である「ごくごく」「ぐびぐび」をやめる、という方針について、ツイッターでは 、

「これ、いい事だと思う!私も禁酒ダイエット中気になったからさ~。医学的に禁酒の人にはツライよ。アレ」 
と賛同するコメントが出る一方で、 
「夏山に行けないサラリーマンのTLに素敵な山の写真を流すのをやめてくだしあつД`)・゜・ 」
「そのうち、『パーティーや親子が映ったCMはぼっちには苦痛』とかになるのかな」
「モテない男に配慮して女性をテレビに出さないようにしよう」 
など、“あれもこれもダメになるではないか”という反対意見も噴出しています。

気を遣い過ぎのような気もしますが・・・(^ω^;)

f:id:nishimikawa:20150903151731j:image

スポンサードリンク