西三河 Gスポット

時事ネタや地域ネタ、生活の中で感じた事などを書いています。

スポンサードリンク

小沢一敬 あま~いセリフが人気

ナルシストで泣き虫・・・、オマケにおかしな言動で不思議な魅力を持つスピードワゴンの小沢一敬さんが、今とても注目されていますね♪

これまで女性からは「キモい!」と思われていたようですが、アメトーークなどの視聴者が改めて小沢一敬さんの魅力を発掘したようで、Twitterでも話題になっています(^o^)/
また、「あま~いセリフ」が持ちネタの小沢一敬さんですが、インタビュー等で話す内容が「良い話し」としても話題になっています(^^)
小沢一敬さんのTwitterが「名言集」とまで言われています♪
是非ともチェックしてみてください(=^^=)

小沢一敬さんのTwitterはコチラ↓↓↓

それでは、小沢一敬さんの「良い話し」と「名言」を紹介していきます(^^)
合コンネタにウケるらしいので、使ってみてはどうでしょうか?(笑)

小沢一敬さんのプロフィール

小沢一敬(おざわかずひろ)
1973年愛知県生まれ
高校中退後、フリーターを経てお笑い養成所で相方の井戸田潤と出会い、98年にスピードワゴン結成。
2002年「M-1グランプリ」敗者復活から決勝に進出した後、テレビ出演が増え知名度が上がる。
麻雀はプロ級。
その他、音楽・野球・ゲームから読書まで趣味が広い。
自宅には1000冊を超える本、3000冊を超える漫画がある。
2010年に「でらつれ」で作家としてデヴューを飾る。
2012年は、映画「メンゲキ!」の脚本も手掛けるほど多彩な才能で活躍している。

f:id:nishimikawa:20150828064934j:image


上京した当時、スピードワゴン・小沢一敬さんの月収は僅か3000円だったそうです(¯―¯٥)
小沢一敬さんが28歳の時、M-1グランプリで敗者復活から決勝に出たことをキッカケに、テレビ出演が増え、月収は30万になり、今までの月収の100倍になったそうですよ(^^)
現在は何倍なんでしょうね?^^;

そんな小沢一敬さんが、過去について語ったインタビューがあります♪
この小沢一敬さんのコメントも「良い話し」として盛り上がりましたね(^^)
小沢一敬さんのインタビュー中の良い話しを紹介したいと思います(^o^)/



『僕は昔から人に話しかけるタイプではないけど、相方の潤は昔から人懐こくて、いつの間にか仲良くなった。養成所卒業後25歳の時、潤はすでに上京。僕は名古屋にいた。

当時の淳のコンビが解散して、「一緒にやらない?」と電話で誘われた。僕の方は、最初にコンビを組んだ相方が止めてしまい、他にやることもなく、誰かに誘われるままに相方を変えながら続けてきた時期だったので、「いいよ」と答えたもの、腰が重くてなかなか上京しなかった。

しびれを切らした潤が、車で名古屋まで迎えに来て、家財道具ごと東京まで運んでくれた。あの時、潤がいなかったら、今でも名古屋にいたでしょうね。』

『最近は小説や脚本もやっているが、それも人から「やってみる?」と言われたから。受け身だし、「やりたくない」と言うことの方が多い。謙遜でもなんでもない。ただ、ひとつだけずっと自分の中にあるのは、「物事を決めつけなくていい」ということ。

芸人として売れるためにはこうしなければいけない、とか、そんなイメージやルールに自分を縛り付けなくたっていいって。

漫才も、最初は自分たちが楽しみながらネタを作っていたのに、いつのまにか「これをやればウケるんじゃない?」に変わったの。すると、ウケない。結局、自分たちが面白いと思うことをやらないと。ウケないんですよね。

だから、仕事でもなんでも、僕はすべてその場で考えるようにしているんです。最初からあれこれ考えすぎると、思い込みにとらわれて、ヘンな感じになってしまうから。

現場で空気を乱しちゃダメだというのはいつもありますね。一方で、周りに期待をしないというか、寄りかかりたくないと思ってる。だから、仕事がないときも、事務所のせいにしたりはしなかった。うまくいかないのを周りの人たちや環境のせいにしても意味がないし。』



『裕福な家庭に生まれたわけじゃないし、みんなで悪いことをして自分だけ捕まってしまうようなこともあった。それでも、当時の友達に言わせると、「小沢は運がいいよね」って。

高校もほとんど行かずに中退したけれど、家を出て、学校では出会えないいろいろな人たちと遊ぶようになって世界が広がった。うまくいかないことはいろいろあったけど、今でも芸人として仕事をできている。だから、基本、「環境って関係ないよね」と思っているところがあるんです。』


お笑い芸人でコンビで活動している方々は、仲が悪いって聞くけど、スピードワゴンは仲が良さげで、小沢一敬さんの相方想いな一面を感じますね(^^)



次は、小沢一敬さんと言えば「あま~いセリフ」、「あま~いセリフ」と言えば小沢一敬さんです(笑)

それでは、小沢一敬さんの恋愛に関する「あま~いセリフ」を紹介します(^o^)/


「年齢とか気にするのワインだけで良くない?」

「料理は何を食べるかでなくて、誰と食べるかだよね」

「年齢なんか関係ないよ、生まれた年が違っても俺たち同じ恋の一年生だろ!」

「初日の出を見ることが特別は日だとは思わないな、だって僕は君という沈まない輝く太陽を毎日見てるんだから」

「何で星が輝いてるか知ってる?君のまぶしさに負けないようにさ」

「君と出会うまで アルファベットは26個じゃなくて、25個だったんだよ!君と僕が出会って初めてアイ(I)が生まれたんだ」


合コンで小沢一敬さんの「あま~いセリフ」♪
甘すぎてウケると思いますよ(^o^)/

f:id:nishimikawa:20150828102054j:image
スポンサードリンク