読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

西三河 Gスポット

時事ネタや地域ネタ、生活の中で感じた事などを書いています。

スポンサードリンク

鹿児島県 桜島 噴火警戒レベル4に引き上げ

 気象庁は15日午前10時15分、鹿児島県の桜島で、規模の大きな噴火が発生する可能性が非常に高くなっているとして、噴火警戒レベルを3(入山規制)から4(避難準備)に引き上げました。
火口から3キロ以内で厳重な警戒を求めています。

僕は鹿児島県出身なので、桜島の噴火には慣れていますが、避難準備にあたる噴火警戒レベル4は経験した事がないので、鹿児島の友達が心配です。
先程、鹿児島の友達に連絡したところ、避難を促す放送が流れているそうです。
桜島の皆さんは、家を離れる不安もあると思いますが、なるべく早く避難してください。
 

噴火警報・予報

平成27年8月15日10時15分 福岡管区気象台・鹿児島地方気象台発表

<桜島に噴火警報(噴火警戒レベル4、避難準備)を発表>
 昭和火口および南岳山頂火口から3km以内の有村町および古里町では、
大きな噴石および火砕流に警戒(避難準備)をしてください。
<噴火警戒レベルを3(入山規制)から4(避難準備)に引上げ>
火山活動の状況及び予報警報事項
 桜島では、8月15日07時頃から島内を震源とする地震が多発しています。また、桜島島内に設置している傾斜計および伸縮計では山体膨張を示す急激な地殻変動が観測されており、その変化は一段と大きくなっています。
 
 桜島では、規模の大きな噴火が発生する可能性が非常に高くなっています。昭和火口および南岳山頂火口から3km以内の鹿児島市有村町および古里町では、重大な影響を及ぼす噴火が切迫していると考えられますので、厳重な警戒をしてください。 
対象市町村等
 以下の市町村では、当該居住地域で避難などの厳重な警戒をしてください
 鹿児島県:鹿児島市 
防災上の警戒事項等
 昭和火口および南岳山頂火口から3km以内の有村町および古里町では、噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石や火砕流に厳重な警戒(避難等の対応)をしてください。
 風下側では降灰及び風の影響を受ける小さな噴石(火山れき)に注意してください。
 降雨時には土石流に注意してください。 

火山の状況に関する解説情報

平成27年8月15日09時25分 福岡管区気象台・鹿児島地方気象台発表

火山活動の状況
桜島では、南岳直下付近で火山性地震が増加しています。

 本日(15日)07時頃から南岳直下付近で振幅の小さな火山性地震が増加しています。この火山性地震はマグマなどの貫入により岩盤が破壊されるときに発生するもの考えられます。
 
 大隅河川国道事務所の有村観測坑道に設置している傾斜計および伸縮計では、この地震増加に伴い山体膨張を示す急激な地殻変動が観測されています。 

 これにより、2012年7月24日及び2013年8月18日以上の多量の火山灰を噴出する噴火が発生する可能性があります。今後の火山活動に注意してください。

 本日7時からの火山性地震の回数(速報値)は以下のとおりです。

                   火山性地震
 8月15日 07時から08時      5回
       08時から09時     25回 
防災上の警戒事項等
 昭和火口及び南岳山頂火口から概ね2kmの範囲では、噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石及び火砕流に警戒してください。
 風下側では火山灰だけでなく小さな噴石(火山れき)が遠方まで風に流されて降るため注意してください。
 爆発的噴火に伴う大きな空振によって窓ガラスが割れるなどのおそれがあるため注意してください。また、降雨時には土石流に注意してください。 

噴火警戒レベルは以下のようになっています。
【レベル5(避難)】:危険な居住地域からの避難等が必要。

【レベル4(避難準備)】:警戒が必要な居住地域での避難の準備、災害時要援護者の避難等が必要。      

【レベル3(入山規制)】:登山禁止や入山規制等危険な地域への立入規制等。状況に応じて災害時要援護者の避難準備等。

【レベル2(火口周辺規制)】:火口周辺への立入規制等。

【レベル1(平常)】:状況に応じて火口内への立入規制等。

(注:避難や規制の対象地域は、地域の状況や火山活動状況により異なる)

気象庁の公式サイトをチェックして、最新情報をご覧下さい。



f:id:nishimikawa:20150815105329j:image




広告を非表示にする
スポンサードリンク