読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

西三河 Gスポット

時事ネタや地域ネタ、生活の中で感じた事などを書いています。

スポンサードリンク

70年談話 首相会見 速報

 政府は14日夕の臨時閣議で、戦後70年に関する安倍晋三首相談話を決定した。首相はその後、首相官邸で記者会見し、談話を発表しました。

 首相は談話で、先の大戦について、

「日本は進むべき進路を誤り、戦争への道を進んだ」

と表明し、

「事変、侵略、戦争。いかなる武力の威嚇や行使も、国際紛争を解決する手段としては、もう二度と用いてはならない」

「植民地支配から永遠に決別し、すべての民族の自決の権利が尊重される世界にしなければならない」

という戦後日本の誓いを堅持する考えを示す形で、「侵略」「植民地支配」に言及しました。

 また、

「わが国は、先の大戦における行いについて、繰り返し、痛切な反省と心からのおわびの気持ちを表明してきた」

と指摘し、

「こうした歴代内閣の立場は今後も揺るぎない」

と述べました。

 そのうえで、

「自由、民主主義、人権といった基本的価値を堅持し、その価値を共有する国々と手を携えて、世界の平和と繁栄にこれまで以上に貢献していく」

と述べ、安倍内閣が掲げる、

「積極的平和主義」

の理念を強調しました。

更に、

「私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはならない」

「侵略と戦争は2度と用いてはならない」

と表明しました。

テレビ中継が途中で終わったので、首相会見は最後まで観ていませんが、村山談話を用いながら、周囲気を遣った内容だったように思えます。
安倍首相らしい言い回しもありました。

海外メディアが、どう通訳しどう受け止められるかの心配はありますが、謝罪一辺倒の70年談話にならなくて良かったと、個人的には思います。



f:id:nishimikawa:20150814182412j:image
広告を非表示にする
スポンサードリンク