読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

西三河 Gスポット

時事ネタや地域ネタ、生活の中で感じた事などを書いています。

スポンサードリンク

カジノ法案見送り 闇カジノより公営カジノ

 自民党はカジノ解禁を柱とする「特定複合観光施設区域整備推進法案」について、今国会での成立を断念、先送りする方針を固めたそうです。
 党幹部が11日、明らかにしたもので、公明党が依然、解禁に慎重なことに加え、安倍政権の最重要課題である安全保障関連法案の成立が見通せないことから、同法案の処理を優先せざるを得ないと判断したようです。

 党幹部はカジノ法案について「臨時国会でやる。今国会は安保法案がある」と明言しました。
安保法案を成立させるため、国会会期を9月27日まで大幅延長したものの、世論の逆風が強まり成立時期はなお見通しが立たない。
こうした中、賛否の分かれるカジノ法案を強引に進めれば、安保法案に響きかねないとの懸念があるとみられています。
 公明党の慎重姿勢に変化がないことも大きいそうです。
同党の大口善徳国対委員長はかねて、ギャンブル依存症対策が不明確であることを理由に、今国会での審議入りは「考えていない」と表明しています。
山口那津男代表は11日の記者会見で「わが党の国会対策委員会から一定の見解を述べているので判断を任せたい」と、この立場に変わりがないことを強調しました。


カジノ法案に関しては、数年前から議論されています。
カジノがギャンブル依存症対策が云々と言っていますが、競艇や競馬はどのように考えているんでしょうか?
パチンコもそうですが、結局ギャンブルをする人はするし、しない人はしないんだと思いますが・・・(^ω^;)

違法カジノが蔓延している都市では、カジノ法案を通して公営カジノを建設した方が健全なような気もします。
公営カジノとなれば、税金もかなりの額が見込めます。

個人的には、安保法案よりカジノ法案の方が気になりますね♪

f:id:nishimikawa:20150811181813j:image
広告を非表示にする
スポンサードリンク