読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

西三河 Gスポット

時事ネタや地域ネタ、生活の中で感じた事などを書いています。

スポンサードリンク

オコエ瑠偉 三塁打2本!


 関東第一(東東京)のオコエ瑠偉外野手(3年)が1番・中堅で先発出場し、50メートル5秒96の快足をいかんなく発揮しました(^o^)/

 関東第一のオコエ瑠偉選手は初回の第1打席でいきなり一塁への内野安打二塁打で出塁し、先制のホームイン♪
三回の第2打席でも右中間をライナーで破りました。
打球の速さや外野手の守備から通常なら二塁で止まるところだが、オコエ瑠偉選手は二塁ベース前からスピードを加速させ、三塁へ滑り込むスリーベースヒット!
それた送球の行方を追いながら、本塁をも狙うような姿勢をとっていました。

 関東第一はこの回、4番・伊藤の3ランなどの猛攻!
打者一巡するとオコエ瑠偉選手は2死満塁からまたも右翼へ走者一掃の3点適時三塁打を放ち、1イニング2本の三塁打を放ちました(^^)

 注目選手の評判に違わぬ大活躍にスタンドを埋め尽くしたファンからは、驚きにも似た大歓声がわき起こった。

 ドラフト上位候補に名前が挙がる関東第一のオコエ瑠偉外野手は、抜群の身体能力を持つがために起こった小学生時代の悲しいエピソードを披露した事でも話題になっていました。
 オコエ瑠偉選手は他の選手とは明らかに雰囲気が違った。チーターのように緑の芝生を勢いよく駆ける姿、どこにいてもひと目で分かる立派な体格。
今大会野手No.1との評価にたがわない動きを見せたオコエ瑠偉選手だからこそ、小学生時代の仰天話を笑顔で明かしました♪

 「足が速すぎて鬼ごっこに入れてもらえなかったんです…。すぐ捕まえてしまうし、捕まらないので」
ともの悲しげに語ったオコエ瑠偉選手(^ω^;)
代わりに友人から提案されたのは「かくれんぼ」でしたが、「体が大きくてうまく隠れられない。物陰に隠れてもお尻が出ちゃうんで…」と“カモ”にされていたとか・・・(^ω^;)
 さらに体育の授業は「態度が悪かったので」と5段階評価で「2」が定位置だったオコエ瑠偉選手(¯―¯٥)
初戦の相手が高岡商に決まると「どこが相手でもしっかりやる」と表情を引き締めていました(^^)

オコエ瑠偉選手は、三年生という事もあり、ドラフトの話題もありますが、オコエ瑠偉選手にはプレッシャーを感じずプレイして欲しいと思います(^^)

f:id:nishimikawa:20150811131708j:image
広告を非表示にする
スポンサードリンク