読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

西三河 Gスポット

時事ネタや地域ネタ、生活の中で感じた事などを書いています。

スポンサードリンク

二段モーションの悲劇 専大松戸 原投手

 夏の風物詩、夏の甲子園が盛り上がりを見せる中、それは甲子園の悲劇だったのかもしれない( .. )
大会2日目の第一試合の花巻東(岩手)対専大松戸(千葉)は、今秋のドラフト候補の花巻東の左腕、高橋と、専大松戸、原の好投手対決と言われていました。
185センチ、85キロの恵まれた体格から真っ向勝負してくる本格派の原は、THEPAGEで、かつてヤクルトで名スカウトとして鳴らした片岡宏雄氏が、事前に「注目の逸材」としてピックアップしていた投手の一人でした。

 だがその原は5四死球と乱れ、4点を失い5回途中で降板(¯―¯٥)
後を受けた角谷がその後を無失点に抑えたが、好投手の高橋を相手にしての4点は重く、涙を飲みました。
原が大舞台で本来の力を発揮できなかった理由のひとつが、球審から再三にわたって受けた「2段モーション」に関する注意と言われています。

 一回、トップバッターをショートゴロに打ち取ると、球審がマウンドに駆け寄ってきました。
原は笑顔でうなずいていたが、高く上げた左足を下げていく最後にグイグイと2度、揺らして弾みをつけるフォームを「2段モーション」と、指摘されたようです。
下げていく左足は、揺れていて明らかな静止はしていないが、スッと下ろさない部分を「2段モーション」と判断されたのでしょう。

 原自身が「(球審に2段モーションを)5、6回は言われました」と、試合後にコメントを残すほど、球審はイニング途中にもベンチ前で注意するなど再三に渡って指摘したそうです。
1球も反則投球とはジャッジされなかったが、県大会で一度もそういう指摘を受けていなかった原は、明らかに動揺していました。
2回にはストライクが入らなくなり、先頭打者に四球を与え、バントで送られたあと四球と死球で満塁にしてしまい、ラストバッターのピッチャーの高橋に先制2点タイムリーを浴びました。
3、5回にも得点を与え、5回途中での降板・・・( .. )
原自身は試合後、2段モーション問題を一切言い訳にしなかったが、フォームを気にする余り制球は乱れた事は明らかでした。

「大会に向けて2段モーションを修正してこなかった原と指導者に問題があった」という意見もあるでしょう。
だが、原の投球フォームが、2段モーションかどうかという議論と、同時に、県大会でOKだった投球フォームがなぜ甲子園ではアウトなのかという疑念が沸きますね。

 試合後、専大松戸サイドは、「ピッチャーの自己責任」と潔かったです。
もし、千葉県大会で投球フォームが2段モーションだと問題になっていたり、事前に高野連から2段モーションに関する指摘を受けていれば、短期間の間にできる限りの修正を試みていたでしょう。
実際、指摘される場合を想定して準備もしていたとも言います。
“反則を犯しても勝ちたい”などという悪意が学校側にまったくないのだから、問題はむしろ県大会ではOKで、甲子園ではアウトという基準の曖昧な審判団、高野連側にあるのではないでしょうか?
即、反則投球とは、とらずに注意に収めたのが、審判団の良心だったのかもしれないが、後味は悪いですね(^ω^;)
 前述の片岡氏も「県大会で問題のなかった投法が、なぜ甲子園ではルール違反なのか。野球のルールが場所によって違うのはナンセンス。おかしいよ。原は、再三審判に注意をされてリズムが狂っていた。本当に可哀想。2段モーションかどうかは微妙なフォームであることは確かだが、もし問題があるならば、試合前か試合後に注意するべきだろう」と怒り心頭の様子です。

 元日本代表チームのチーフスコアラーで、現在、岡山商科大野球部の特別コーチを務めている三宅博さんも、こんな意見です。

「高校生が注意をされて、急に今までと違うピッチングフォームで投げろと言われてもできないだろう。あの投球フォームで、独特の間とリズムを作っていたのだから、それを審判の注意で崩してしまったのは気の毒に思える。疑問に思うのは、なぜ事前に『この投法で大丈夫かどうか』というミーティングを学校側、もしくは千葉の高野連盟は、大会本部としておかなかったのだろうか。
 県大会で、問題のない投法が甲子園でアウトになれば選手も戸惑うだろう。千葉の高野連側も『県大会では千葉の審判は問題にしなかったが、甲子園で大丈夫でしょうか』と確認をしておくべき。もしくは、現在は映像や情報が発達しているのだから、大会側の審判は事前に問題のありそうなものに関しては、見解を決めてチームに通告しておくべきだっただろう」
 

 プロ野球においても、2段モーションの修正は簡単ではない。
横浜DeNAの三浦大輔が、「2段モーションを厳格に禁止することになってから、フォームを変えることに大変、苦労した」という話をしていたことがある。プロでさえそうなのだから、マウンド上で突然言われた初出場の原投手が、戸惑い、制球を乱すのは当然だったのでしょう。
 県大会でOKだったモーションがなぜ甲子園では問題にされたのか?
高校野球では、野球規則は甲子園と県大会では違うのか?
確かに2段モーションにおける明確な統一基準作りは難しいと言われています。
プロ野球においても2段モーションを厳しく取り締まった時期があったが、現在では曖昧になっています。
ヤクルトの“ライアン”小川泰弘らも、厳格に判断すれば2段モーションだろう。

 つまり2段モーションの統一基準とは、問題になりそうな選手のひとつひとつの事例を取り上げて、この人はアウト、この人はセーフという判断を下して『判例』を作るしかないのだ。
今回の出場49チームの中で、事前にグレーな投手をリストアップする作業は、各都道府県の高野連から申告してもらえば、そう難しい作業ではないだろう。その映像を甲子園の審判団で見て、協議した上で、ルール内なのかルール外なのかを判断して、事前に学校に伝えておけば、今回のような悲劇は避けられたと思う。そういう作業を放棄しているのだから、県大会でOKだった投法に甲子園の本番で球審は文句をつけるべきはなかったと思う。

 実は、2年前にも花巻東の千葉翔太のカット打法が問題になり、準決勝になってから事実上禁止されたことがあった。千葉のカット打法も、県大会では一切問題にされなかったが、甲子園で勝ち進むにつれ問題視され、最後は「高校野球特別規則・17」が適用されて“禁止”となった。そういう前例があったにもかかわらず、また県大会と甲子園大会で野球規則に対する統一見解にズレが生まれてしまった。

 このような問題が再発しないための仕組みの整備を、高野連には求めたい。主役は、球審ではなく、汗と涙を流して、聖地にたどり着いた選手なのだ。

広告を非表示にする
スポンサードリンク